20160606-9

そんな感じで、今年はカープ。というのは、メモリアルが貫くのと、広いのは、無理強い王者です、ソフトバンクホークス先方のゆがみあかしをしなかった対応。これは著しいでしょうね。
というのは、昨年も、ソフトバンクホークス相手に、2勝1敗といった、ヤフオクドームで唯一にセのチームでの勝ち越しを果たしたわけであるのですし、反感はないのでしょうしね。
広島といった福岡なのですけれども、移動はあまり多くはないですからね。
そんなわけであるのですけれども、カープといったベイスターズですのですけれども、今年は、物凄く機であるので、今年は、最後までどうなるのか?わからないそんな感じであるのですね。
とまあ、そういった感じであるのですけれども、ジャイアンツ、タイガース、ドラゴンズなのですけれども、そちらもね。どこも状況が悪いので、強いそういった本番になってしまいそうですけれども、ここはね、逆に言うと、こうなると、どのチームにも機あるし、パリーグみたいにトップのソフトバンクホークスみたいに圧倒してしまい、徐々に魔力点灯ということになりよりも本当は、決戦差が、乏しいというそんな状況も未だに機ありますからね。http://whereyouwanttobe.org/